さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視)
さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視)をお申込みの方に「ビックリ無料特典」をプレゼント致します!






さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視)

是非あなたも人生の最良な決断にこのリモートビューイングを活用してください!

さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視)

二者選択で、物事を決めるのにコインをトスする方法があります。
しかしこの方法はあまりにも単純すぎます。あっという間に結果が出てしまうので、信じるには説得力がないのです。

偶然だと思えてしまうからです。

内からの働きかけが感じられないからです。

もちろん右脳を十分に活用されている方には、かなり有効な方法ですが、私たち普通の人にとっては確信が持てる方法とはいいがたいです。


ですからこのやり方は私たちには合っていません。
自分の潜在意識からの働きが感じられないからです。

偶然の結果のように思えてしまいます。
自分の内から何かが出てきて教えてくれる方法が知りたかったのです。

コインを上に投げるだけでは満足できなかったのです。

決定を偶然に任せたくなかったのです。

結果に納得いく方法が欲しかったのです。


今回このマニュアルにはそれら全てが納得いき、そして誰でも簡単にすぐに実行できる方法を余す所無く書きました。






つまり、人生の決断の時にはこのイエスかノーを知ることができるだけで、人生が大きく変わるという事です。

個人の今の感情や心の状態、考えなどを知ることもできますし、
浮気、談合、共謀などを調べることもできます。
また最適な職業、友人、仕事、場所を見つけることもできますし、
いなくなった人だって探す事が可能となるのです。

またビジネスに応用すれば、主要収入源を見つける、最適な研究開発の道へ導く、競争相手の調査、競争相手への対抗手段こんな事も解ってしまいます。

経済的には、株、相場商品の値動き

等々・・・
このリモートビューイングを使って出来る事をあげればきりが無いことがもうすでにお解かりですよね?


私が知る中でもこのリモートビューイングを使って様々な結果を出しています。

少しだけ例をあげれば・・・

会社勤めをしている人が、将来独立を夢見ていたがどんな商売が向いているのかわからなかった。
そこで、学んだ方法を試みた。出た結果は「水」に関した商売。
彼は信じられなかった。
でも今彼は水に関した会社を興してうまくいっています。


自分に気があるという結果が出て、積極的にアプローチした娘がいました。
結果お付き合いする事ができました。


競馬重賞レースで当てた人がいました。


アメリカのスーパーボールの勝者をこの7年間はずした事がない人がいます。


イギリスとアメリカにいる知人は、主にルーレットをやって儲けています。


この方法を使って株をやっている知人が2人いますが、2人とも利益を上げています。
その1人はかなりの金額を儲けています。


このリモートビューイングを使い、様々な結果をあげている人たちが続出しています。
是非あなたも人生の最良な決断にこのリモートビューイングを活用してください!

 ↓      ↓      ↓      ↓     ↓

さがわあつしのリモートビューイング【ビックリ無料特典付】

※こちらからさがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視)をお申込みされた方には、ボーナス特典をプレゼント!詳しくは、さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視)のお申込みページをご覧下さい。
posted by さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視) at 21:59 | さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リモート・ビューイングは、効果があり、かつ精度が高い、科学的に開発された最初の情報収集ツールといえます。

さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視)

さがわあつし氏は1950年に愛知県で生まれました。
学校はアメリカの大学を卒業し、貿易会社に勤めました。

38歳で独立し南アメリカのパルプメーカーの代理店となり、たった一人で10万トン以上を扱った経験があります。多分後にも先にもこれだけ一人で扱った人間はさがわあつし氏一人だと思います。

そしてある時、さがわあつし氏は運命的な出会いをします。
元アメリカ陸軍少佐(特別に編成された部隊の指揮官)エド・デームズとの出会いです。

元々秘密の部隊でしたので、公にはされていないのですが、人の能力を軍事に役立てるための訓練と実践の部隊の少佐です。彼はある特殊な技術を身につけていたのです。

その技術こそが先ほども出てきたリモート・ビューイングだったのです。
彼はその技術を能力までに高めていたのでした。

幸運にもさがわあつし氏はそんな彼に直接教えを受ける事ができ、日本人で初めてリモートビューイングをマスターする事ができました。そして今ではその知識と経験を活かし、数々の著書を世に出す事ができました。
「超右脳先見力―仕事に使える、未来が見える」
                  その他著書多数 また希望者を集めて講座を開いたり、学研「ムー」のスタッフや日本テレビ「特命リサーチ200X」のスタッフにも教えたりもしております。






リモート・ビューイングとは、ウィキペディアでは、次のように説明されています。
 『透視(遠隔透視、リモート・ビューイング((Remote viewing))、千里眼とも)とは、隠されたもの離れた場所にあるものといった、視野に入らないものや視覚で確認できないもの等を何らかの視覚的感覚、もしくは直感やイメージで正確に判別する超能力である。
厳密には同じ透視能力でも、視野の範囲内で行われるものを通常透視、視野に入らない遠く離れた場所での映像を見るものを遠隔透視と呼ぶ。
その他、現時点の映像でなく時系列の違ったものまで見る透視を予知・後知透視または過去視・未来視と呼び、これは千里眼、予知能力、サイコメトリーに近い能力と言える。
リモート・ビューイングは、1970年代にSRI(スタンフォード研究所)や米国陸軍などで行われた二重盲検法など特定のプロトコル(手順)に従って透視を行うことを指し、一般的な透視とは峻別される。』
アメリカ合衆国の諜報機関は、スタンフォード研究所の成果に注目し、資金を投入して、実験を継続させました。数々の実験の結果、この能力は教えることができるだけでなく、トレーニングをすることで高められるとわかったのです。
1980年代の半ばには、トレーニングを受けた最初のサイキック・スパイのチームが、アメリカ陸軍の遠隔透視部隊から派遣されています。このチームは、冷戦中、国防上重大な情報を提供していました。

1970年代に実験が始まった米陸軍の遠隔透視部隊の作戦は、湾岸戦争まで極秘裏に行われていました。

この10年ほどに、さらに研究や応用が進み、リモート・ビューイングの精度が高まったといわれています。プロのリモート・ビューアーらは、ターゲットについて、かなり高い精度の情報を提供できるようになっています。

やがてリモート・ビューイングが民間でも使えるとわかると、個人や企業が情報収集を依頼してきました。
 
リモート・ビューイングが情報収集のツールとして広く世間に知れわたると、実業界はビジネス環境でリモート・ビューイング使う有益性を認識し、1990年代にさまざまな応用がなされるようになりました。

スタンフォード研究所の研究室で開発されたリモート・ビューイングは、体の五感を使うことなく、時間と距離に関係なく、場所や出来事や個人の情報を得ることができる方法です。

リモート・ビューイングは、ビジネス、研究、さまざまな調査のために、充分なテストを行い、立証された情報収集ツールといわれています。

そして、リモート・ビューイングは、意志決定や計画立案に役に立つ情報を得るのが困難なものへのアクセスにその強さを発揮します。リモート・ビューイングは、効果があり、かつ精度が高い、科学的に開発された最初の情報収集ツールといえます。


 ↓      ↓      ↓      ↓     ↓

さがわあつしのリモートビューイング【ビックリ無料特典付】

※こちらからさがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視)をお申込みされた方には、ボーナス特典をプレゼント!詳しくは、さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視)のお申込みページをご覧下さい。
posted by さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視) at 21:56 | さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この決断でいいのだろうか?

さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視)

深く考えもせず決断したことで成功している人たちのことを、あなたはうらやましく思い、嫉妬さえ覚えたりしたのではありませんか?

自分もあんなふうになりたい、あんなことができるようになりたい、あんな人生を歩みたい…このように思っていることでしょう。

しかしそのように思っているのは決してあなただけではありません。世の中の多くの人たちがそう思っているのです。そしてかつてのさがわあつし氏だってそう思っていました。


でも安心してください。

そのように思ってしまうのは、ただ単に直感を働かせられるなんて全く思っていないからです。

それは当たり前ですよね。

直感を働かせる方法なんて、学校では教えてくれませんし、親からも教えてもらう事ができません。

だから世の中の多くの人たちが直感を働かせる方法を知らない為、直感をうまく利用できずに、残念な結果に終わってしまう人たちが後を絶たないのです。






あなたは今まで何かを決断する時、とても悩んだ経験はありませんか?

「どちらを選べばいいんだろう・・・」
「これをやってもいいのだろうか・・・」
こんな悩みを経験した事が今までに何度もありますよね。

その度に色々と悩まされ、そして考えに考え抜いてようやく決断しますよね。

でも決断した後に「その決断で本当によかったのだろうか・・・」、と何日も何週間も何ヶ月も悩まされた経験はありませんか?

もしその決断が、たった3分で出来、それも自分自身にとって一番最適な決断をする事ができるとしたらあなたはそれを知りたいと思いませんか?

実は世の中には簡単に自分自身に最適な決断をする方法が存在するのです。






『あなたの求めている答えは外にはなく、あなたの内にある』


こんなことを今までに一度は聞いたことがあると思います。

答えは外に求めても見つかりません。あなたが求めている答えは、あなたの中にすでに存在しています。

これはどういうことかというと簡単に言えば、
「あなたにとって必要な答えは、あなた自信が一番良く分かっている」ということです。

きっとあなたは、

そんなことはない!
いつも困難に直面すると
「どうしたらいいのだろう?」
「何をしたらいいのだろう?」
「どっちを選んだらいいのだろう?」と、悩んでしまうんだ!

と、思っていますよね。
わたしは、あなたの気持ちが痛いほどよくわかります。切実な気持ちがよくわかります。

実は・・・
さがわあつし氏も、悩んでいる今のあなたと同じ気持ちでした。

ことに経営者は孤独です。
多くの経営者は、占いをしたり、神社参りをしたり、霊能者や超能力者にアドバイスを求めたりします。

神社に訪れる経営者も多いことでしょう。
きっと社長室には、神棚もあることでしょう。

あらゆる角度から情報を集め、検討に検討を重ねて、最良の決断を下したにもかかわらず、
「この決断でいいのだろうか?」、と不安になります。
経営者とは、つねに不安と戦うのが仕事のように思われます。

そんなとき行き着いたのは、リモートビューイング(遠隔透視)だったのです。

 ↓      ↓      ↓      ↓     ↓

さがわあつしのリモートビューイング【ビックリ無料特典付】

※こちらからさがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視)をお申込みされた方には、ボーナス特典をプレゼント!詳しくは、さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視)のお申込みページをご覧下さい。
posted by さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視) at 21:46 | さがわあつしのリモートビューイング(遠隔透視) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。